リブドッグで涙やけは改善できるの?

犬には犬特有の病気や症状に悩まされることがありますが、中でも小型犬を中心に多いのが涙やけ。

 

常に涙を流している状態が続いていて、そのウルウルした感じは愛くるしくもありますが、同時に辛そうなので飼い主としてはなんとかしたいですよね。

 

涙やけの解消法としては普段与えているドッグフードを切り替えることで改善することができる場合がありますが、リブドッグでも涙やけを改善することはできるのでしょうか。

 

この点に関してはリブドッグで涙やけを改善する可能性はあると思っていいでしょう。ただし、どうして愛犬が涙やけに苦しんでいるのかの原因によります。

 

涙やけの原因は複数考えられているのですが、その中には食べ物の成分によって鼻涙管が詰まってしまうことがあるのですね。

 

この場合、普段与えているドッグフードをリブドッグに切り替えることで涙やけの症状が改善されるということはあります。

 

「ドッグフードを替えたことで涙やけがなくなった!」ということは珍しいことではないので、リブドッグを与えてみる価値はあるかもしれません。

 

市販の安価なドッグフードだと保存料などの添加物が使用されていることがあるので、それが原因で涙やけになることもあります。リブドッグは保存料などの添加物がすべて不使用なので安心して与えられるでしょう。

涙やけになりやすい犬種

涙やけになりやすい犬種としては先ほど少し触れた鼻涙管に涙が流れにくい構造をしている犬が挙げられます。代表的なのがトイプードルやマルチーズなどですね。

 

涙やけに悩んでいる飼い主さんが多いですが、どちらも日本で飼うのに人気の犬種なので、必然的に涙やけに悩んでいる飼い主さんも増えていると言えるでしょう。

 

トイプードルやマルチーズなどは涙が流れにくい構造をしているだけでなく、鼻涙管に老廃物も溜まりやすいとされています。なので、こういった犬種を飼っている方はリブドッグにフードを切り替えることで涙やけの症状を改善する可能性は意外と高いかもしれません。

 

また、他の犬種でもパピヨンやスピッツなどは目頭の毛が目に当たりやすく、その刺激によって涙が出過ぎてしまって涙やけを起こしてしまうことがありますし、チワワやシーズー、パグなどの眼球が突出している犬種も目に異物が入りやすいので涙やけしやすいと言われています。

 

 

これらの犬種に関してはリブドッグにフードを切り替えたことでも涙やけの原因が身体の内側にあるのではなく、外側にあるので改善することは期待できません。

 

涙やけに関してはまだ詳しい原因が突き止められていないのですが、基本となるのは栄養のある食事を与えることになります。リブドッグのように純国産100%のドッグフードを与えてあげるのは健康的に生活する上ではとても大事になるでしょう。